Gundam Thunderbolt

なぜ今更Gundamか?

まぁ,菊池成孔にやられたからですね.



JazzのOSDとしては,かなりイケています.
そういえば,

これが,JazzのOSDとしては定番というか,他はどれもイマイチなのは何故なんでしょうね.
Blakey,Coleman,MJQと色々あるのは聴いたりはしているんですが,もっと良いのがあるのかも知れません.

映像と音楽


音楽と演技・人の動作がシンクロしているっていうだけだと,実は普通にミュージカルでしかないんですが,この”Baby Driver”や”Gundam Thunderbolt”のシンクロの仕方って少し感覚が違うような気がする.
上手く違いが説明できないけど,普通のミュージカルは,多分演劇系・ダンス系の人達の感覚で,人間の肉体の躍動衝動が主で音楽が従という感じな気がする.
この二つの映画は,音楽が主で,それに従属している人間の動きを観て楽しむ系に属するような気がします.

戦争反対

Gundamシリーズって,反戦というか厭戦な主題のものが多い(全部観てないから分かりませんが・・)
戦争が嫌いという感覚がありながら,戦争を描くという矛盾.
戦争が嫌だというだけでは実は何も進まなくて,どうしたら無くなるのかを具体的な方策として議論しないとねぇ.とは思っていますが,これはそんなに簡単に答えがでないんでしょうね.
不思議なことに人類の歴史は戦争だらけなので,最近の歴史でいうと第二次世界大戦から70年位の平和だと,戦争が根絶した証拠にはならないのかなと思います.
ということで,どうしたら戦争が無くなるのか具体的にどうすれば良いかを明確にしたり,それを実行したりするのは,多分僕の人生だけでは時間が足りなくて,次世代に引き継いでいくしかないんだろうなぁと思います.
ってなことを考えると,何故戦争が不毛か,をこういうGundam見たいな映画で,唱え続けるしかないんだろうなぁと思います.

北朝鮮のエライ人も映画位観ているんだとは思うんですが,偏向しているんですかね?
偏向しているとしたら何が偏向させているのかは,実はちゃんと分析しないといけないのかも知れません.
アメリカの大統領もそういう意味では興味深い研究材料かも知れません.

挾間美帆 m_unit@BNT~私って天才~


私って天才!

テナー・サックスのソロが無茶苦茶盛り上がった2曲目の後のMCで彼女は確かに言った.”私って天才!”.
こんなこという人を正直初めて見たので驚いたが,最高に盛り上がった2曲目の後だったから,妙に説得力があった.
音楽家という人達の感覚・思考はきっと,僕らとは違うものなのだろう.
こんな音楽を作り出すことも演奏することも,私には出来ないので,まぁ私からいうと,全くもって天才だが,自分で言うという感覚も,私の中にはない.
批判しているのではなく,全く天才的な演奏だった.
サリエリがモーツァルトに抱いた感覚を追体験させられた気分ともいう.
作曲家・アレンジャーという立ち位置なので,結構彼女の作品を聴く機会は多いが,自身のリーダー作CDは何故か以下の二枚のみ.


ラージアンサンブルの復習

今年は,Jazzが録音されてから,100周年ということもあり,シーンが盛り上がっている感もあります(地味ですが).
Tokyo Jazzもテーマは,それで狭間美帆もLee Konitzと共演したりして結構良かったです(TVで観ただけですが).

教科書的にいうと,Jazzはニューオリンズの黒人の集団演奏から始まったということになるので,所謂Big Bandとかラージアンサンブルが本道ということにもなるんでしょうね.ということで,少しお気に入りのラージアンサンブル物を並べてみます.

Duke Ellington

まぁ,なには無くともSir Dukeですね.Jazzの入門はMilesからという定説もありますが,Sir Dukeから始めるのも素敵だと思います.

ラストのロングトーンがしびれます.Jazzバラードの名曲です.Jaco Pastorius Big Bandが東京でやった時のToots Thielemansのハーモニカソロも素晴らしいので,オススメです.
少しベタですが,”Take the “A” Train”.

Weather Report

ラージアンサンブルではないですが,Sir Dukeの後だと何故かBirdlandを思い出してしまいます.

ソロのバックのリフがBig Bandっぽい.
しかし,凄いメンバだよなぁ..

George Russell

少しモダンな奴に突入します.

SextettだからBig Bandというよりは,ラージアンサンブルというカテゴリでしょうか?
Eric Dolphyの”Round Midnight”なんて,昇天ものですね.

Gil Evans

なには無くても,Gil Evansは外せません.
折角なので,菊地雅章と一緒の奴を探してみましたが,

多分この映像のRohdesを弾いている人は菊地雅章ではないでしょうか?

Ornette Coleman


これは,Big Bandでもラージアンサンブルでもなくて,集団即興演奏とかコレクティブインプロビゼーションとかのカテゴリになるんでしょうか?まぁ,カテゴリの名前はどうでも良くて.
Big Bandにしてもラージアンサンブルにしても,結局インプロビゼーションと,集団演奏,リフの交歓が一つの醍醐味だとすると,一気にこういう風にフリーインプロビゼーションを集団でやるという世界も一つの形態なのかなぁと思った次第です.

Maria Schneider

最近のBig Bandブームの火付け役は,彼女ではないでしょうか?
Gil Evansのお弟子で,狭間美帆の先生・メンターみたいな感じです.

今年Bluenote東京にも来ましたが,

MCだけで,¥11,500(税込)は流石に無理でしたが,今回狭間美帆を聴いて少し悔しいです.
彼女の作品はAppleMusicとかの配信ものでは入手できないです(今のところ).ArtistShareというちょと変わったレーベル(?)から作品を出しています.

CDを買うと,このサイトのクーポン番号が付いてきますので,そこから色々特典をDLできますので,CDで買ってもちょっとオトクな気分にはなれます.
でも,結構な人気らしく,中古でもCDはまだ高値の模様.

Post Script)
御本人からの指摘があり,聞き違えだったようです.取り消し線で修正しました.

Lee Konitz~語るのに躊躇があるSax奏者~


なぜいまさらLee Konitzのことを書こうと思ったか

夏休みで1W連続で休みのはずだったが,なぜか飛び石で会社に呼ばれてしまい,結局夏休み(年休以外に消化しないといけないおやすみ)が消化できないでいます.とはいえ昼頃には仕事が終わるケースが多いので,午後は吉祥寺DUとかSometimesに出撃する訳ですが,



を見つけて(どうも新譜ではなく再発ものの様です),AppleMusicで聴いていましたが,どちらも出来が良くなんか書きたいなぁと無謀にも思ってしまいました.
1927年生まれですから,もう90歳を超えているんでしょうね.まだ現役なのでしょうか?Wikiによるとご存命ではあるようです.
それにしても,長い人生でもの凄い演奏を残していますし,正直なにを考えて演奏しているのか良く分からない演奏も多いです.
でもクオリティはむちゃ高い.
Charlie Parkerはフォロワーが沢山居ますが,Lee Konitzのフォロワーって聴いたことがない.
One and Onlyな存在だけに,なにか上手く文章で表現できるのか?敷居の高いミュージシャンなのかも知れません.

Cool JazzってCoolじゃない


こちらの本にも書かれていますが,Lee Konitz自身は自分がCool Jazzの代表にみたいに言われることをあまり快くは思っていないようです.Lennie Tristanoもそういうカテゴリーになっているのには違和感があります.

この作品のタイトルが良くなったんでしょうね.このCD自体は確かに巷で言われているようにバップ,ハードバップとの対比でいうと”Cool”な音楽かなぁという気もしますが,Lee Knonitz自体は”Cool”というよりは”Experimental”(変態)なインプロバイザーという印象があります.
Ornette Colemanが現れた時に,誰か(マイルズだっけ)が,Colemanの音楽はLee KonitzとLenny Tristanoがずっと以前から演っていたということ言っていたらしいですが,どの作品だか忘れてしまいましたが,この二人のCD(最近やたら再発されています)でCollective Improvisationを演っているのありますので,一度聴いてみて下さい.

好きな作品たち



自分の作品に”Cool”って付けちゃうんですからねぇ.レコード会社の戦略でしょうか?この辺りの初期の作品は変態を隠しているのかも知れません.

この辺りから変態を隠さなくなったようです.記憶ではなにか電子Saxみたいな物を吹いていた記憶があります.

amazonでは在庫がないみたいですが,かなり変態なメンバです.Paul BleyとLee Konitzの共演作なので,まぁ覚悟して聴いてみて下さい.面白いです.


この2枚は白眉・名作です.同じPianistでもBleyとMehldauでこんなにも違うものか・・Lee Konitz自身が意識しているかどうかは別にして,共演しているPianistの演奏のクオリティが高いのは何故なんだろう?と不思議に思えます.この2枚は買いましょう・すり減るまで(CDだと減りませんが)聴きましょう.

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール@BNT

菊地成孔をライブで聞くのはこれで二回目.
一回目は,新宿PIT-INでカルテット.大西順子・類家心平が出ていて,かなり本格的なJazzでした.MCもたっぷりあって,楽しいライブでした.

今回は,ペペ・トルメント・アスカラールということでテイストが違うんだろうなぁと思いながらも,AppleMusicで聴いていたときには結構エグい音楽だなぁと思っていたので,期待半分・恐ろしさ半分という感じで出かけました.

結論からいうと,イヤホンとかステレオセットで聞く音楽ではなくて,ライブで聴かないと分からない音楽でした.

Ts/As,Dr,Perc,ストリングカルテット,バンドネオン,ピアノ,豪勢な編成.フォーマルな姿でステージに登場.
菊地成孔というとMCが面白いけど,歌・ラップや詞の朗読(?)以外にはボイスパフォーマンスなし.

ポリリズムの嵐.タンゴ的(そのもの?)
ストリングカルテットのアレンジが退廃的.現代音楽的.凄い.バイオリンの(たぶん)インプロビゼーションソロがこんなに狂おしいものとは初めて知った.
パーカッション的なピアノとハーモニーを歌うピアノが倒錯.
バンドネオンはタンゴ的というよりもソプラノボイス,ソプラノサックスのように耽美なメロデイ.

なんだろう,巧く表現できないが,耽美・世紀末・デカダン・背徳・精神を病んでいる,なにかネガティブなワードしか出てこないが,そういうネガティブさに憧れたていた子供時代に戻ったような・・・錯覚?

どこまでがアレンジされていて,どこまでインプロビゼーションなのか判別が付かない.
ただ,美しいが,見てはいけないものを見ているような感覚. 生まれて初めて女性の性器を見てしまったような背徳感と恍惚感,達成感.
一日たったがまだ,毒気にやられているのかも知れない.

音楽:Charles Lloyd & The Marvels@BNT

http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2017/01/13/charles-lloyd-the-marvels-featuring-bill-frisell-with-reuben-rogers-eric-harland.html

BNTの予約って

BNTの予約は基本,HPからできるので便利ですが,いつのを予約したのか覚えてないことが多くて困る.
ちょっと前まではGmailがGoogleカレンダーに自動登録してくれていたような気がするが,最近はその機能がフックしないようです.
ということで,先週間違えて青山まで行ってしまいました(笑).マーカスミラーだったのでドアの前でびっくりという世界でした.
ということで,予約を確認したらカレンダーに登録するのを忘れないようにしましょう.
ということで,現在の予約を確認したら3月の菊地成孔を3回予約していたのに気がつく(爆笑).あとでキャンセルの電話をしよう.

Charles Lloydって

さて,昨日の主役は,Charles Lloydでした.
生で観るのは初めてですが,ステージ上は雑誌の写真と一緒だ!と思ってしまいました.
割りと(かなり?)地味な方です.
経歴も,KeithとJack DeJohnettを自分のグループからMilesにパチられた人というのが活字上はよく書かれる内容ではないでしょうか?
会社に入ったときの研修のときにCDウォークマンを持っていきましたが,その時持っていったCDの中に,


が入っていた記憶があるので,そうはいっても長く聴いてきた人になります.

Bill Frisellって

今回のライブは,Charles LloydとBill Frisellの双頭バンド(Eric Hartland(ds)も割りとすでにビッグネームですが)の演奏でした.
Bill Frisellは多分大学時代に,


を聴いたのが始まりのような気がします.このCDいいです.オススメです.
Bill Frisellも不思議なミュージシャンです.無茶苦茶テクニシャンというか,テクニックをひっけらかすような演奏はしないけど,当然プロなので巧いです.
ジョン・ゾーンとか演奏することもあるので,フリーな時もあるし,Jim Hallと共演したCD

だと,また違うテイストがあったりして,正体の知れない巧いギタリストの筆頭です.

演奏の感じ

前置きはこの位で,本題の昨日の演奏.
Charles LloydのTsの音はCD通りかすれていた.が,なんか独特な存在感がある.1938年生まれだから御年78歳なので,ステージ上でのパフォーマンスが派手というわけでもないが,ノッて来ると声を出したり,Percをやり始めたりする.
Percが妙に上手.
Tsも演奏がノッて来ると早いパッセージが増える.昔なにかのライナー・ノートか雑誌の記事でCharles Lloydがコルトレーン派のTsだという記事を読んだことがあるような気がするが,Tsの音というかサウンドは決してそんなこともないし,アドリブのフレーズ的にもきっと違うような気がするが,ノリ始める饒舌になるところは,もしかすると共通かも知れない.
そのかすれたTsのトーンはそれはそれで味があってよろしい.一方フルートは結構きれいな音を聞かせてくれるし,巧いなぁと思った.
Bill Frisellは一応サポートということでステージ左端に陣取り,なんか独特のスペース感で,テーマやアドリブに絡むバッキング.
ソロでは,ルーパーを使ってなんかやり始めながら,カリプソ調の曲を煽るような演奏をしていました.カッコイイ!!
ということで,最初は,なんだCharles LloydのTsうまくないじゃんとか,冷ややかな目でステージを観ていましたが,後半にはすっかり乗ってしまい.楽しい夕方(1stセットなので)になりました.
ということで,今回のお買い物はこちらから,


A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on