Baby Driver ~音楽,映像,ストーリーと女優さん~

品川のTジョイシネマに初めて行く

菊池成孔が絶賛していたので,観に行くことにした.
Tジョイ系列のシネコンでしか上映していなかったようで,近くだと大泉,新宿が候補だったんですが,結構遅い時間にしか上映していなかったので,初めて品川の映画館に行きました.
品川も様変わりしました.港南口はオフィス街ということもあり時々行きますが,高輪口は駅前の通りの近くをウロウロする程度しか知りませんでした.
高輪口を少し西にいくとプリンスホテルがあり,そのちょっと奥,っていう程ではないですが,その近辺にありました.テラス席のあるレストランが幾つかあって,美味しそうでしたが,高価そうだったので,肉料理の店で簡単に早めのご飯とビールを食べて,11:50の上映にまにあいました.

音楽と映像と演劇の融合

大したことのないイントロになりましたが,映画はかなり良いものでした.
2/3位のところで少し中だるみな感じがあり,アクビがでたこともありますが,まず冒頭の銀行強盗シーンで,音楽と映像とストーリーの見事なシンクロ・融合を見せてくれて,この映画がなにを語るのかを明確に提示してくれます.
強盗シーンの後の,主人公を執拗に追いかける長回しのシーンでは,映画に対するなにかオマージュのようなもの感じさせますので,音楽にかなり比重を置いているものの,映像・ストーリーの融合した映画という表現手段について作者の思い入れのようなものも感じさせてくれます.
新しいミュージカルの作り方としてリファレンスになるように思いました.
そういえば,登場人物が歌わないけど,これはミュージカルだなぁと思った映画はこれが最初かも知れません.
登場人物が歌っていないということは,実は書きながら気がついて,ちょっと自分の中でもビックリしています.​

Lily Jamesにちょっとキュンとする

二人女優さん(チョイ役な人は除く)が出てきますが,どちらもかなり美人さんです. Eiza Gonzalezさんは,映画.comをみると本作がデビュー作のようですが,セクシーさ全開の美人さんです.

モデルさん出身なんですかね.
もう一人は,Lily Jamesさん.画像を検索してみると,思ったより大人びた感じの画像が多いですが,Instagramに載っていた


この制服姿が,萌えます.

ちょっと脱線しましたが,良い映画でした.
WoWoWで放送されたら,まちがいなく録画して,もう一回見て,BDに入れて保存版にします.

ダンケルク~二時間銃声をずっと聞き続ける~


クリストファー・ノーラン監督作

新宿のTOHOシネマズで観る.公開初日.原題はそのまま,”Dunkirk”.今年のアメリカ映画.
舞台がフランスで,登場人物が英国人だし,戦時中ということもあり,正調なイギリス英語のオンパレード.
全編.銃声・爆発音で塗り固められています.音楽(というか効果音?)も面白かった.音楽は,ハンス・ジマーという方が担当のようですが,映画.comで調べてみると,かなりのキャリアのようです.
戦争映画だから沢山人が死にます.でも,死に様をあまりグロテスクに描きません.一気に吹き飛ぶ感じで,亡くなっていくのが,却って恐怖を煽ります.
敵(ドイツ兵)が全く登場しません.見えない敵に攻撃され続けるという恐怖を煽ります.
映画の作り方が巧いなぁと少し感心します.
良く考えてみると,クリストファー・ノーランの作品って,なにかこういう徹底した映像体験ができるというのが共通項のような気がしました.

ということで復習してみる


クリストファー・ノーランのデビュー作でしょうか?結構印象に残っています.
この映画も,健忘症という主人公の特徴と,ストーリーが繰り返しリフレインされるという,”徹底する”という美学があるような気がします.この映画も面白いです.

あぁ,この映画もクリストファー・ノーランの作品だったのですね.
アル・パチーノが不眠症の刑事役でした.ストーリーは正直あまり覚えていないですが,メメントと同様,不眠症ということで意識が朦朧としてくるのを,観客に追体験させてくれる良い映画でした.

バットマン映画にしては,変な作品だなぁとは思っていましたが,やっぱり変な人の監督作だったんですね.
ここまで,割りと小規模なインディペンデント系の映画の旗手みたいな扱いだったのが,この辺りから商業映画って奴にも手をだすようになったことになりますが,結局枯れの持ち味の”徹底する”・”観客を作品に巻き込む”というテクニックを持っているんだなぁと思う.

この映画もバットマン映画にしてはちょっと変でした.でも,もうそろそろ違うテイストを,監督自身も思ったのかも知れません.
ということで,今回のダウンケルクでした.

でも2時間銃声・爆撃音にされされ続けると,人間は疲れるということが実感できます.
そういういえば,船底に閉じ込められて銃撃されるシーンは,息を飲みます.
ちなみに,ケネス・ブラナーが出てきます.

シークレット・アイズ~ハリウッド女優の底力~


なかなかのハリウッド映画

2015年のアメリカ映画,原題は”Secret in Their Eyes”


こちらの映画にリメイクになるんだそうです.なんとアルゼンチン映画.別に嫌いなわけでもなく,そういえばアルゼンチン映画って観たことないです.
こちらのアルゼンチン映画の英語のタイトルをそのまま使っているようです.
ハリウッド映画は,どうも最近こういう外国映画のリメイクものが増えたような気がします.統計取ったわけではないですが.
というか,外国映画のリメイクもの方が質が高い印象があるせいでしょうかね?
アメリカの人だから,外国から脚本を買ってくるのにそんなに変な本を買うわけもなく,まぁ当たり前と言えば当たり前です.

でもリメイクものにしてはかなり良い部類です.多分,ジュリア・ロバーツとニコール・キッドマンの二巨塔女優の揃い踏みだったせいだと思います.

お二人のこれまでと今回

ジュリア・ロバーツ


デビュー作でしょうか?まだ学生だったころに観ました.ベタベタなラブ・ロマンスものですが,大柄なオードリー・ヘップバーンといえば良いのでしょうか?笑顔が強烈に可愛かったです.

一気に時間が空いてしまいますが,正直この映画ができるまでは,彼女は不遇な時間を過ごしたんではなかろうか?彼女の出ている映画で思い出せる作品がないっす.Wikiに作品の一覧がありましたが,なんかあんまり印象がないですね.
巧い役者さんなのかも知れません.キャラが前面にでなくて着実にストーリーのなかに溶け込める感性があるような気がします.
このシークレット・アイズでも,娘が殺された女性刑事(検察?)役で,ストーリーの主要な役ではありますが,抑え気味な演技と娘が殺されて号泣するシーンと,ラストの冷徹さのギャップを淡々と演じる力は結構良い印象です.

ニコール・キッドマン


この映画の印象は強烈ですねぇ.流石にキューブリックです.
ニコール・キッドマンは,人工的な美形顔で,どうもエッチ・性的な感じがにじみ出てしまいます.
まぁ,顔や姿という天性のものを実に上手く活用しているのかも知れません.そういう意味では巧い役者さんだなぁと思います.
この映画でも,ブラウスの中を覗き込む容疑者を威嚇して,自供させるっていう,なんとも味なセッティングのシーンを,その美貌とエロさ加減を最大限に活用して演じきります.

ハリウッド女優って,少し差別用語的な使われ方をすることが多いような気がしますが,映画や脚本を上手くやると,こんなにも存在感を活用できるんだぁ.と思う次第です.

団地~エグミのある役者さん達のファンタジー~

大阪弁っていいよねぇ

熊本出身で,大学を卒業するまで,住んだところといえば,熊本,鹿児島,(記憶にないけど)宮崎しか住んだことがありません.
就職してから東京に住んでいるんですが,九州人特に熊本人は,相手が熊本弁でしゃべらないと,敢えて熊本弁は使わない(使えない)ようです.
こちらに来てから,初対面の人と標準語で喋っていますが,相手が熊本出身者だと分かってもなお,お互いに標準語で喋り続ける民族のようです.
でも,方言のカタルシスの能力(治癒力?)は結構快感があります.”つかれた”を標準語で言うのと,熊本弁でいうのでは,自分を癒やす力が段違いです.就職して仕事を始めたせいもあるかも知れませんがストレスが溜まってくると,なぜこのストレスがなくならないんだろう?と不思議に思っていましたが,どうも方言の治癒力を失ったというのも一つの要因だったようです.
ということで,この映画の大阪弁です.
そういう治癒力に溢れています.そんなに大して聖人君子が出て来るわけでもなく,北野武の映画のように悪人が出て来るわけでもないですが,まぁ普通によくいる一般のちょいワルな登場人物ばかりですが,大阪弁の治癒力が全く悪印象を与えません.
むしろ,標準語で喋る(エイリアン役の)斎藤工の方が,なにか悪人というか一癖ありそうだと,警戒しながらストーリーを追うことになりました.

コメディなファンタジー


ストーリーがこの映画に似ているんですね.やっと思い出しました.
まぁ,ロボットみたいなのは出てこない(斎藤工がロボットっぽいですが)し,当然役者は普通に英語を喋って,関西弁ではないので,違いはあるけど,ストーリーというか設定はかなり酷似.
まぁ,とはいえ,岸部一徳が団地の床下倉庫に隠れたり,エイリアンのために漢方薬を作ったりはしないので,単に似ているって言い出すと,きりがないですが.
最初は,なんかまったりした大阪の生活感のあるコメディ映画かなぁと思って観ていると実はファンタジーだったというのは,なんか意外性があって,ちょっとニンマリしてしまいます.

帰ってきたヒトラー


久々のドイツ映画

2015年のドイツ映画.ドイツ映画ってあまり観たことがない.


位かな?とも思ったけど,

これはどうもドイツとアメリカの合作映画だった模様.ピーター・フォークも出てくる位だからかなぁ.
ということでドイツの映画でした.全編ドイツ語のセリフがちょっと新鮮でした.

気合の入った映画

以前なにかのドキュメンタリーかなにかで,ドイツの学校では先生の質問に対して生徒が手を上げることがないのという話が出ていました.
ナチス・ドイツの敬礼を想起させるためだからとのこと.
ドイツにとってヒトラーとはなにかそういうタブーのような位置づけなのかも知れません.
今でこそフランスと蜜月な関係になっていて,EUの盟主のような立ち位置を確保していますが,ナチズムを放棄していることを諸外国にどうやって納得させるかは,前の大戦が終わってからのドイツにとって最大の命題(試練)だったのかも知れません.
夏になると,飽きもせず靖国神社に参拝して隣国から顰蹙をかう某国とは大きく違います.

この映画は,そういう国が作ったと思うと,結構感慨深いものがあります.
登場する一般市民と思われる人達が,目の部分を黒塗りにされていたりする人と,そのまま顔を移されているひとと別れていたりします.ドイツの人にとっても戦後が70年以上になり,移民問題・格差・テロ等と見た目の変わった(本質はあまり変わっていないような気がする)社会問題に直面すると,ヒトラーというタブーの扱いも変わってきているような印象を持ちます.
ヒトラー役の人にやり込められる政治家がでてきたり,2015年でまだルペンもそんなに存在感があった時代でもないのに,ルペン自身の映像が使われていたりして,監督の思い(危機感?)が作品に込められているような気がします.

フランスは幸運なことにルペンじゃない人を選びましたが,アメリカの(世界の?)不幸はまだまだ続きます.
2015年の映画だし,原作はもっと前に出来ていたのかと思うと,作者の慧眼には少し驚かされます.
また,これだけドイツ中の都市を回って,色んな”ナマの””今の”ドイツ人を,ヒトラーを通じて描いた監督にも感心します.

オーバー・フェンス~蒼井優・オダギリジョーのささいな狂気~


このキャストだと外れない

2016年の日本映画.山下敦弘という人の監督作品だそうだが,映画.comで調べた範囲だと,この作品が初めて観る作品になるようです.
オダギリジョーが主演かな?,蒼井優がこういう役をやると無敵ですね.
オダギリジョーも蒼井優も,現世感がないというか,なにかこの世で生きている人という感じがしない.
前にも書いたかも知れないけど,蒼井優は狂気の入った女性,偏った観方だとは思うけど女性って本性として狂気を持っているような気がしますが,そういう男性からは計り知れない”狂気”的なものを,この世の境界で演じることのできる稀有な女優さんな気がします.
オダギリジョーもそういう境界にいる人ですね.この世と,この世と違う世界との境界にいる感じがします.

ストーリーが印象的

たぶん,ストーリーが良いのだと思いました.原作は,


の本の短編になります.まだ読んでいる最中なので,映画のストーリーとの違いは分からないですが,映画の方は,東京で真面目に働き子供も生まれたサラリーマン(オダギリジョー)が,奥さんの育児ノイローゼをきっかけ故郷に戻り,失業手当てをもらうために職業訓練校にはいるという設定.
そこで,鳥の求愛行動を真似るのが巧い,少し変わった女性(蒼井優)と出会い.恋愛するようになる.
職業訓練校では,人生経験も様々な人達が集うなか,なにかギクシャクした人間関係が進行していきます.
オダギリジョーが若い生徒との飲み会で,”お前らはこれからどんどんつまらない時間を過ごすことになる”と凄むシーンがとても印象的でした.
ある年齢を超えると,学生時代よりも効率的に学習したり知識を得たりすることの出来るノウハウや,時間を無駄にできないという切迫感から,さらに効率的な時間を過ごすことができるようになりますが,一方で学生時代のような”ワクワク感”とは疎遠になってしまいます.
そういう感覚をとても上手く表現していたなぁと思います.
ラストでオダギリジョーがオーバー・フェンスするのは,単なる爽快感というよりは,なにか中年の閉塞感との対比なのかなぁと思ったりもします.

TOO YOUNG TO DIE ~宮藤官九郎の落語的ななにか~


宮藤官九郎ワールド

2016年の日本映画.新宿のTOHOシネマで予約していたはずだったが,公開当時に観光バスの事故があって,公開が延期になって,観ることが出来なかった記憶がある.
というわけで,WoWoWで録画して改めて観る.宮藤官九郎ワールド全開です.好きな人にはオススメですし,嫌いな人はダメでしょうね.
私は割りと好きです.

宮藤官九郎は落語好き?


この印象があるせいでしょうか?観ていてなぜか,落語的なストーリーだなぁと思ってしまいます.
大学生の頃に何故か親父が落語のカセットテープを大量に購入しました.こういう行動は結局オレに遺伝していることがよく分かる.LP棚・CD棚・雑誌棚を眺める度にそう思う.
人間の「生き死」や「輪廻転生」とか仏教的な内容は落語のテーマにも多い.が,なんか”節回し”(映画・演劇の場合”ストーリー展開”かも?)が落語的な感じがする.
あまりフィットしている落語ネタを調べてみても出てこないが,「品川心中」・「らくだ」とかの印象が強いせいかも知れない.

ロック・オペラ?

ストーリーは割りと落語的(勝手な思い込みかも?)ではあるものの,音楽は割と良い.

この人が出て来るだけで,もうちょっと現世感から離脱できます.存在感が凄いです(かなりチョイ役ですが).あとはCharとか野村義男とか,宮藤官九郎ってギターフリーク?っていう感じの脇役の揃え方です.
タイトル曲も,なんか中高生が文化祭用に作曲した?って思わせるようなチープ感があり,中途半端にキャッチーで映画に合っているなぁと思う次第でした.

さよなら歌舞伎町

概要

2014年の日本映画,​染谷将太,前田敦子が出演.
前田敦子の演技は印象が薄いが,​染谷将太は存在感がある.これまでに観た映画が前田敦子の場合,

だったし, というせいかも知れません.

エッチなシーンが多い映画

歌舞伎町っていうと,危ない街(日本なので大したことないですが)という印象がありますが,今の歌舞伎町は一頃よりかなり綺麗にかつ安全になってような気がします.
そもそも,そんなに変な店に行かないですから・・・雰囲気の問題かも?
でも,今でも適度にいかがわしさが残っていて,実は嫌いな街ではなかったりします.最寄りが西武新宿駅というのもあるかも知れません.
ってな感じなので,確かに今でも性風俗の店がありますが,別に特段多いという感じもしません.
この映画だと,そういう性風俗のサービスを結構リアルに映像化しています.
中高生にはオカズによいのかも知れませんが,中高年が家族と一緒に観るのは,少し胆力が必要かも知れません.
数シーン早送りしました.

内容と感想

ちょっとした群像劇.こういう構造の映画は好きです.
基本単位は男女のカップルの組み合わせ,一見普通のよくあるカップル(前田敦子,染谷将太),時効を待っているカップル,韓国から来日しているカップル,警察官同士で不倫しているカップル,が登場します.
これらのカップルが,染谷将太の勤務する歌舞伎町の安ホテルを舞台に,微妙な絡み方をしつつ,物語を構成していきます.
ロバート・アルトマンの映画に,セックスシーンを分団にふりかけた映画とも言えるかも知れません.

リップヴァンウインクルの花嫁~女優達と岩井俊二~

リップヴァンウィンクルの花嫁
黒木華

​岩井俊二の映画は,なんか独特のテイストがあるので,好き嫌いが別れるような気がする.
女性が主役という映画ばかり(?)な気もするし,視点が女性的なのではないだろうか?(男性なので女性的という感覚が実は理解できてないけど).
正直にいうと岩井俊二の映画はどうも苦手な感じがする.基本絵が綺麗過ぎるし,時々アクセントをつけるためか,ビデオ映像の粗い画像を混ぜたりするが,却って観辛い.
ストーリーが思春期の中学生の妄想的というか,青臭いというか,そんな感じがある.
まぁ,どの点も好きな人は,こういうのが良いということになるんでしょが,僕には肌が合わないという感じでしょうかね.

リップヴァンウインクルの花嫁

2016年の日本映画.”リップヴァンウインクル”って知りませんでしたが,Wikipediaによると西洋版の浦島太郎物語の主人公のようです.
まぁ,なんといっても黒木華なのである.そんなに美人さんではないですが,なんか憎めない善人キャラが出来るし,とても演技が巧い人だなぁと思う.

cocco
cocco

coccoさんっていう人もこの映画で初めて知りました.歌い手さんなんですね.でもAV女優役というのはなんとなくハマり役なのではないでしょうか?
ラスト近くにでてくるcoccoさんの母親のリリぃも良い演技でした.2016年去年亡くなった方だなぁと思いながら観てしまいました.
この映画は比較的ちゃんと観ることができました.

4月物語

松たか子@四月物語
松たか子

一時間ちょっとの短編映画でした.
やっぱり苦手な作品.観ていて気恥ずかしい感じがしてしまう.

リリイ・シュシュのすべて

2時間30分の拷問でした(笑).
思春期の子どもたちの残酷さを,こんなに退屈に描くことのできる映画ってなかなかないです.
教室で嘔吐するシーンも,レイプされて髪を丸めてしまった女の子も,各々は残酷さというか,鬼気迫る感覚を演出するはずなのかも知れませんが,途中途中に入るネットの書き込みと思しき画面に表示されるテキストが,あまり良い効果を生み出していないようで,ストーリーに没入出来ません.
かなり眠かったし,多分あくびの回数の最多賞の映画になります.
ここまで悪口書いて,amazonのリンクもないものですが・・・

花とアリス


蒼井優と鈴木杏が出ているだけで,締まった映画になりますね.
岩井俊二独特のフォーカスの甘い映像がやはり気に入りませんが,”リリィ・シュシュのすべて”にあった思春期の生々しさが少し薄まっているような感もあり,こちらの方はまだ観たなぁという感じがします.
そうは言いながらも,やはり,ある種の少女漫画的な世界観はあり,やはり何か”青臭い”というか,感じが残ります.

テイスト・映像の感覚は”リップヴァンウインクルの花嫁”と似ていますが,”リップヴァンウインクルの花嫁”には所謂子供が出てこない(黒木華の演じた役は微妙に子供っぽさがありましたが)ので,”青臭い”が気にならなかったのかも知れません.
ストーリーも大人の話ですしね.



ということで,岩井俊二さんシリーズは一端終了です.
どうもこの映画監督さんとは上手く付き合うのは難しいかも知れません.