出向して一月経ちました

http://www.lifeatwalsh.com/2015/04/time-to-work/

そんなには辛くないです

仕事が変わるのは大変なことですが,実感としてそういう感覚を覚えることが多いです.
なにか一仕事終わるたびに,”俺ってこんなに生産性低かったんだっけ?”と呆れ返ることが良くあります.
とはいえ,今までの研究所の仕事だとどれだけ儲かったか?で評価されないくて,なにが評価基準なのかかなり曖昧なまま来ました.
今の職場は普通のソフト会社なので,価値基準がお金という明確な指標になったことはありがたいと思います.
昔友人と飲んだときに,研究所という職場の価値基準について話たときに,かなり呆れらたことを思い出します.今の職場のような判りやすいインデックスで評価されるというのは重要なんだろうなぁと思います(まだ,だれからも評価されてませんが).

それほど代わり映えしない仕事

とはいえ,やっている仕事がそれほど変わったかというとそんなこともないです.
前の職場でも開発のコストの見積もりやプロジェクトマネージメントみたいな仕事をしていたんですから,求人票に書かれるような仕事内容の分類としては多分同類な感じがします.
職場のメンバも以前仕事でお付き合いしていた方々や,OBだったりするわけですから,そういう意味でも新鮮さはないかなぁと思っております.
価値基準だけが変わりました.これは良いことです.

システムが変わるのが結構つらい

とはいえ,”こんなに生産性低いんだっけ?”という感想を持つ原因は,ひとことでいうと”慣れない”ということになります.
なにに慣れないというかというと,会社のシステムと人間関係(というか役割分担)が分かっていないということに起因しているのだと思います.
会社のネットワーク(物理的な)とかセキュリティとかは違うので普通に仕事してても戸惑う.クリックする先が404になるとか当たり前な世界ですが,それは前の会社も同じ.どこが404になるのか知っていることが重要なので,サボれるポイントをちゃんとつかむためにまずは勉強かなっと.
 会計システムのかなり違うし,経理システムもお金を前面に出したシステムになっていて結構とまどう.
 経理とか前の会社でも知ってはいたけど,”利益率”という考え方は研究所にはないので,実はまだ良く分かっていない.
 オフィスの空調がイケてないのは,まぁ,前からなので良いですが,何故か床から風が吹き上がっているのが,イケてない.咳がでます.
人間関係で,だれか特定の嫌な人が居るという訳ではないです.むしろ研究所の人の方がアクが強いので,そういう意味ではストレスがないのですが,だれがどんなスキルセットやミッションを持っているのか分かっていないというのは,やはりかなりのハンデになるんだなぁというのが実感です.
こういうことが分かっていると仕事の効率がとても上がるんだなぁと思いました.

といいながらなんか変えたい

前の職場でも,色々変えたいなぁとか不遜に思っていました.
 やっぱりお金っていうとえげつないですが,ビジネスになるようにするっていうのは,トライしてみたい.
 特にNW系のお仕事は色んな意味で停滞しているので,ちょっとしたことでも良いので,何かが変わったということにできるとイイなぁと思っているわけでした.
 何を変えようとしているかは・・・ヒ・ミ・ツ・

転職じゃないけどやっと職場が変わりました

http://www.roudousha.net/emerg2/080_syukkou.html

今年の希望が一つ実現した

ここ数年,毎年のように一年の計は元旦にありっていうことで,願い事を幾つか書くことにしていました.
毎年のように,転職を希望していました.
新入社員として90年に入社してから,27年間同じ現在の職場にずっと居続けたことになりますので,本当はちゃんと転身するような感じを狙っていたのですが,結局子会社に出向と相成りました.

本人より周りが先に知っているわけです

2月の会社のイベントの時に,子会社で偉いポジションにいる人が,ブースの前を通ったので,”(飲み会に)誘ってくださいよ〜”って後輩らしく声をかけたんですが,(いわくありげな目線で)”そのうち誘うから〜”と返事.
まぁ,いまから考えるとその前後にOBの方とお話すると,お前は〜〜だぁみたいな話があったので,なんか動きがあるのも?とは思っていたりもしたが,この手系の話は大概そのとおりにはならないのを散々観てきているので,単なる噂が先走っているのかな?と思っていました.
結局本人が知ったのは,3月で,上司から”〜ってな話があるけど〜””まだ分からない”的な話もありましたが,4月の出向ということだったので,この時期に可能性があるということは,かなり確率が高いのだろうと思った次第です.
そこから,引き継ぎ書の作成,仕事が一段落するように,新たな事をやり始めないようにするなど,色々工夫をして3月末に無事現在の職場を去ることができました.

新しい職場

新しい職場と言いながら,半分以上の方は3月までの職場のOBか,以前の発注案件で一緒に仕事した人達ばかりなので,実は新味がありません.
とはいえ,会社のいろんなシステムが違うし,そもそも発注側から受注側に変わるというのが一番の違いです.
PCは割りと早く開通しましたが,それでも会社のキックオフイベントだったり,オリエンテーションだったりで,先週一週間(5日)のうち,全日オフィスに居たのは2日だけという感じ.
3月まで居た職場にも一度打ち合わせで行きましたが,出向なので社員証を持っているので,セキュリティは通れるかと思いましたが,NGで軽くカルチャーショックな感じでした.

ということで,引き続き頑張りますので,ヨロピク.

年に一度はRobert Glasper@BNT

A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on

年末恒例かも知れない

ブルーノート東京のHPには,Robert Glasper Trioになっていますが,

Robert Glasper(p)
Vicente Archer(b)
Damion Reid(ds)
DJ Jahi Sundance(turntable)
Bluenote東京

ということで厳密にはQuartett.DJじゃなくてturntableとMCでも紹介されていたでの正式なメンバでは無いのかもしれない.
去年見たのが10月でしたが,結構お気に入りです.
当時はCoveredがリリースされた直後で,その音源からの演奏が多かった(全部?)のですが,


バッチリ今回もかっこよかったです.

どうかっこいいかというと

どうかっこいいかというと,一年前のBlogと同じことを書いちゃいますが,BlackでCoolなのです(笑).
今回は+1のturntableの人がかなり存在感がありました.
ブルーノート東京のLiveって,1stセットの場合食事してアルコール飲みながら開演を待つわけですが,待っている間にローディな人が時々楽器のチェックにステージに上がることがあります.
時々本人だったりしますが,もともとこのLiveはTrioということでチケットが出ていたので,turntableな人がステージに上がる訳がないと思っていたのですが,みんな食事している間に勝手にPlayし始めてしまいます.
ローディにしては派手だなとも思いましたが,会場もまだ明るいままだったので,実はこの時点でミュージシャンではないと思っていました.
横にいた連れ(珍しく今回は二人・それほどJazz好きではない)に,今日の演奏は普通のJazzというより,こういうヒップな感じですよ.等としたり顔で解説したりしていましたが,なんとそのままTrio+1で演奏が始まります.
Glasperの演奏に合わせるんだとすると,ヒップホップなDJみたいな演奏になるのかな?とも思いましたが,このバンドの場合Drがその役割を担うことになるので,同じことをやるとぶつかるのかも知れません.
結構Truntableな人は割りと効果音的な役割に徹していましたが,聴いていると,Pink Floydとかの昔のプログレッシブ・ロックを思い出させるような,いい感じ味付けになってくれます.
ぶっちゃけ,楽しかったです.
このメンバで新譜が出ることに期待.

会社関係の方とご一緒しました

いつもは一人なのですが,今回は沖縄出張中にFacebookで以前仕事を一緒にしていた方からコンタクトがあり,お誘いしたところ急遽合流することになりました.
この方は,私とは違って,いろんな会社を経験されている苦労人な方(年下ですが)で,英語に堪能でありながら日本人的な気配りもできる方で社外の方の中ではかなりいい感じでコミュニケーションがとれるまれな方です.
リップサービスかも知れませんが,”また誘ってください”とのこと.お言葉に甘えてまた誘います(笑).
帰り途中渋谷の(BNTとはうって変わって)小汚い居酒屋で少し飲んで帰宅したので,23時近くになってしまいました.

雑感:『オープンソース』〜OkinawaOpenDays2016に行ってきました〜

http://www.okinawaopenlabs.com/ood/2016/

最近何故かOpenSourceなお仕事になってしまいました

なんの因果なのか,今年の7月に前任者から引き続いだプロダクトをOpenSouce化することになってしまいました.
OSSなので,仕事とはいえ,こういうblogでも紹介できるのは,まぁ良いことなのかも知れません.
DPDKの一部のSPPというものの関連のソフトです.
OpenSourceって実は使うことがあっても,自分のプロダクトをOpenにするっていう機会はありませんでした.
考えてみると,ガッツリ20年以上,プロプラなソフトばかりやってきたことになります.
実は馴染めていません.かなり文化が違います.
品質保証なんていう考え方はきっとほぼない.言い過ぎかも知れませんが,いままでは割りとシステムトータルである程度ちゃんと動くものを仕上げるお仕事だったわけですが,自分(あるいは自分達)がアップストリームしたコードを他の人が勝手に触れるわけですから,結局だれが責任者なのか分かりません.
コミュニティということで,割りと民主的なプロセスで開発が進むわけですが,結局そのプロダクトの最終責任者は,使う側ということになります.
ちょっと,怖いです.
毎日”本当にこんなことやるのか?”と自問自答しながら,まぁ導入先には安くなるんだからと割りと自分をごまかすような理屈を無理くり考えているわけです.
使う分には自分のリスクでやりますし,なんかあったら手を出せる分だけ開発も早くなるので躊躇はないんですが,自分のプロダクトをOpenにするのは少し勇気がいります.
とはいえ,サラリーマンだし,やったことないことをやってみるのは基本面白いので,ドキドキしながら楽しくやっているわけではあります.

ということで沖縄で宣伝することに

という訳で会社の方針もあり,Openにということなので,OpenSourceな人たちが集まる,沖縄OpenDays2016というイベントに出展することになりました.

弊社の展示。学会感があるのは何故?

A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on

こんな感じです.

富士通さんのvOLT。朝すぐに立ち上がるという変なとこに感心する( ̄▽ ̄)

A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on

富士通さんは,OpenSourceではないですが,OLTの仮想化版の装置を持ってきて気合が入っていました.弊社の別の研究所も絡んでいるとのこと.

A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on

沖縄なので,とりあえずシーサー.脱線ついでに,

守り神が増えました( ◠‿◠ )

A post shared by Hiroyuki Nakamura (@tel2sip) on

国際とおりで買ったお土産を会社に飾る図.

本当は,OpenSourceな悩みを今読んでいるブロックチェーンの本と合わせて,少し細かく書くつもりでしたが,ひとまず,宣伝に徹して,ここまでにします.
それでは,また.

アカマイのエキスパートによるモバイルAPI解説セミナー

 

Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真

昨日,仕事の関係で(と言っても研究所なので割りとなんでもありなんですが),アカマイのセミナーに行ってきたので,概要を書き留めておきます.

内容

・アメリカではモバイルAPLの流行に伴いAPIのトラヒックが6割程度に上がっている.
6割って,帯域ベースなのかパケット数ベースなのか不明だが,多分APIのパケットサイズはゴミなので,パケット数ベースなのだろう.

・モバイルAPLのUx向上にAkamaiキャッシュサービスが有効
・APIに特化したAkamaiの提供機能としては,
 ーキャッシュパージ用のAPI提供(今年の10月に提供予定)
  ⇒API廃止時にOriginサーバのAPIとキャッシュサーバ上のAPIバージョンを整合させるために使う.
 ーバージョン切り替え
  ⇒旧バージョンのモバイルAPLと新バージョンのモバイルAPLの混在期間をアカマイキャッシュサーバで振り分ける

感想

特段サプライズっていう内容でもなかった.だから割とこじんまりとしたセミナーにしたのかも知れない.
講演後にAkamaiの人と話をしましたが,どうも彼らはキャリアを土管としてしか 見ていない感があり,やっぱり不愉快になっちゃいました.
とはいえ,Internetな世界では無視できない規模のPlayerなので情報収集は継続しておきたいなと思います.

Instagramで振り返る最近の出来事

Instagramのページからリンクを貼ると,結構でかい写真になってしまうので,久しぶりにalpineを使ってみる.

同業他社さんのセミナーに潜入

 

Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真

3月9日に開催されたKDDIさんのセミナーに参加してきました.
久しぶりに電話の話を”がっつり”聞いたような気がします.
電車や駅では皆さんしきりにスマホを弄っている姿が多く,所謂電話をしている人はすっかり見かけなくなりましたね.
でも,ビジネスユースでは,やはり電話って使われるようです,コールセンターをどう運営してCXを上げるかを一生懸命訴えていました.まぁこのセミナーで登壇する人達はそれをビジネスにしている訳だからその分割引が必要ですが.
それでも,コールセンターに電話してくる人の7割は事前にWebで調べてから電話してくるそうです.電話番号案内を使ってくれる人も減るのがよくわかります.
この割合はきっとドンドン増えていくでしょうね.そして,Webページを開設している企業はコールセンターに投資するよりも,自分の企業のページのユーザビリティ向上に投資した方が効率的だと気が付いて,それがマジョリティになってくるとコールセンターのビジネスも死んじゃうし,最後はWebRTCやLINEで済ませるという世界になると,このビジネスセグメントもきっとなくなるだろうなぁ.
企業の内線・外線通話(PBXっていう奴)はもしかするとあるかも知れないけど,この領域はどうもやはり,企業内のオフィス製品をしっかりグリップしているMicrosoft(SkypeForBuisiness)の牙城になってしまうということで,やはり電話はもうおしまいだなぁと心底思いました.
あとは,どうやってこの儲からないビジネスをキャリアから追い出すのか?に資源を投入した方が幸せなのかも知れません.

iPhoneを買いました

 

Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真

などと,電話に悲観的な感想を持ちつつも,3Gのガラケーを持ち続ける僕は,Docomoから目を付けられたのか,DMでスマホに変えろと怒られたので,仕方なく先週吉祥寺DocomoショップでiPhoneに機種変しました.
以前ドコモ光が出た時に一度,手続きに来ましたが,娘が学割を使っているで安くならないと言われたので,止めにしましたが,料金プランの改定で色々と割引が付くみたいなので,ドコモ光にも移行しました.ひかり電話(自宅の0A-J番号)は東日本に払うのですが,プロバイダはDocomoと合算して割引になるとのこと.対応してくれた女性が結構商売上手感があり,セキュリティソフトまで薦められましたが,流石にそこは今のPCで契約している分を変更した方が安いだろうということでお断りしました.
DocomoWifiは流石に要らなくなるので解約.
でも,端末代金は暫く分割払いになるので,結局キャリアにお支払いする額はきっと変わらないか増えるんだろう.来月の請求書が届いて嫁が怒らないことを祈る.

花粉症デビューしました

 

Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真

季節の変わり目は,鼻水が大量に出るのはいつものこと.
とはいえ,昨日はかなり大量だったし,以前の鼻血事件もあるので,早めに医者に行く.
医者曰く,「もともとアレルギーがあるし(えっそんなこと初めて聞いたよ),肝臓の状態も良くない(これは以前の薬の影響だな)ので,花粉症かもね?」とあっさり.
「まぁ,多分花粉症だけど,血液検査で確認しときましょう(まぁ,その方がいいか)」ということで,大量の薬と共に血液検査も受けてきました.結果は次回高脂血症の薬を貰いに行く時に聞けばよいかと思っております.
花粉症かどうかは,まぁ,どちらでも良い.どうせアレルギー性の鼻炎はあるはずなので,こういう季節は花粉症であろうとなかろうと,早めに医者に行って薬をもらうようにしようと決意.
先週の天気予報あたりから,今週は大量に花粉が飛ぶと予報されているわけですしね.

明日から熊本へ

母の一周忌ということもあり,明日から熊本へ帰ります.

ビジネス分析.

天気

曇り.

昨日

焼酎のオンザロックを2杯飲みまれを見る.能登での菓子店開店に向けて動き出す.銀行に融資を申し込むが,弟の嫁にまで断られるところで次回へ.昨日の焼酎のせいか,頭痛がするが,
23:00頃就寝.

朝~午前中

7:00起床.WBSを見る.株の薄商いが続いているせいか,株価の話題が少ない.電力自由化とのこと.
朝食:トースト,コーヒー,ウィンナー,ベーコン
の後には回復.8:15出社.メール,スケジュール,新聞チェックをして,資料を作成.“今すぐできる「戦略思考」の教科書 ビジネス本を何冊読んでも身につかない人のための”を参考にする.”ビジネス書を何冊読んでも身につかない人とのため”とのサブタイトルとおり,ビジネス戦略を考えるときの5-force分析,PEST分析,アトリビュート分析等の手法を分かりやすく説明してくれる良い本.忘備録のため,画像をアップしておく.
5-force 5-force+PEST attribute
午前中に昨日バタバタと所長説明した案件について打合せを持つ.色々面倒な宿題を引き受けるが,午後にトップレベルで話をするようなので,動き出しは明日にする.

昼~午後

昼食:チーズ入りトンカツ,ご飯,味噌汁
午前中作った資料で打合せ.一応採用してもらえた.運輸業界を元に分析してみたが,運輸業界は結構IT投資が多くかつ伸びているらしく,作ったコンテンツも無駄にはならずに済む.
午後の所長の打合せが割りと簡単に済んだらしい.バタバタと今後の予定をたててみるが結構タイトなのでげんなりする.我が社のオーソライズ手続きは驚異的に煩雑なので仕方ない.あともう一回後の会議にかけるのであればもう少し余裕ができるが,今度は別の案件との兼ね合いで別のバタバタになるので,どちらを取るかで少し悩む.明日上司と相談することにする.
17:00退社.

帰宅後

頭痛がすると言いながら焼酎オンザロックをまた2杯飲みながら,まれを見る.常盤貴子が大泉洋の失踪の傷から癒えない.能登の菓子店開店は銀行からの融資がOKとなり,動き出す.次回へ.
ガイヤの夜明け.コラボレーションがテーマ.一口にコラボといってもいろいろあるなという感想.昔気質の職人が一つの業界で叩き上げていくというのと本質的に何が違うのかよくよく考えないといけない.なにか一つ存在意義がないと他業種とコラボしても負け組の組み合せにしかならない.
ニュースで英会話を見る.ABCニュースの引用なのでちょっと難しい.Bushという名前に良い印象を持っていないのは米も日本も同じかも,ABTって昴(1) (ビッグコミックス)で初めて知ったが,黒人が初めてプリンシプルになったというのを知る.
夕食:親子丼,汁物

Lennie Tristanoのピアノがいけている.

天気

晴れ.

昨日

“50歳からの勉強法”を読了.著者は口述筆記が良いと考えているようだが,この本を読む限りはあまり良い手法のような感じがしない.文章をシンプルにするというポリシーは共感もするし,この本でも分かり易い形で具現化されているように思うが,口述筆記という形をとると,パラグラフ,章,編等大枠での論旨の構成があまり上手くないように感じる.文章に戦略がないように感じる.なにかを主張するのにはそれなりの論理的な準備,根拠の導出根拠のようなものが必要に思うが,その点でこの本は不足な感じがする.書かれていることはとても興味深いので残念.
“Timeless”.購入したのは前月だったように記憶している.70年代のECM盤のLP.学生時代から一度聴いてみたいと思っていたが,どういう訳か手を出さずにいた.DUで中古だったので安く購入できるというのも購入のきっかけになったような気がする.この時期のJohn Abercrombieは,ピックを使って弾いていた時期(現在は指弾きとのこと).ディストーションのサウンドが少し70年代っぽい.”Ralph’s Piano Waltz”や”Timeless”はRalph TownerのSoloアルバムでもカバーされていて,そちらの方をかなり聴き込んだ.このLPが初演というかそもそもAbercrombieの曲.Jan Hammer,DeJohnettのサポートも良好.

朝~午前

朝食:トースト,コーヒー,ウィンナー,玉子焼き

7:00頃起床.ヨルタモリを見る.リリー・フランキーがゲスト.味のある役者さんで結構好きな人.
攻略!英語リスニング”Immune Sysytem(2)”を音読して,8:20頃出社.6月1日,6月2日分の入門ビジネス英語を聞く.
スケジュール,メール,新聞チェック.Docomoの決算発表が良かったらしく株価も好調とのこと.ただコンテンツビジネスでの儲けが増えていて,本業の方はコスト削減の効果とのこと.
特許調査の手続きを済ませる.
帰宅後のDMM英語の予約完.
昨日のLee Konitz,”Oleo”がゴキゲンだったので,AppleMusicで“Live at the Confucius Restaurant 1955”を聴く.思ったより音質がよくてビックリ.Konitzはこの当時からCoolだった.以前保谷駅の北口のJazz喫茶でもKonitzのCDを聴いたことががあるが,知らない音源でもKonitzの音はすぐに彼と分かる.Jazzは黒人にしかできないというのは戯言だと実感する.
音楽を聴きながら,“完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者”を読む.

昼~夕方

昼食:お茶漬けのトンカツのせ

実践ビジネス英語”Living the American Dream(1)”をお昼休みに聞き,i暗記に登録.特許調査が思いの外時間がかかるとのこと.
2つ程ミーティングを行い,Lennie Tristanoの続きを聴きながら,読書継続.コルモゴロフという名前は学生時代の確率論の講義を思い出させてくれる.コルモゴロフがソビエトの人で同姓愛者だったというのをこの本で初めて知る.ペレルマンも同じくソビエトの人とのこと.社会主義国ソビエトの描写はどうしてもネガティブなモノトーンの印象を持ってしまう.
続けて“Lennie Tristano Quintet Live at Birdland 1949”を聴く.前に聞いた音源より6年前のものだが,音質はかなり悪い.KonitzではなくWarne Marshがテナーで参加している.
WordPressの見出しの表示が消えているのを発見.style.cssに

.midasi01{
     border-left:7px solid #1E90FF;
     padding:.6em .8em
}

を追加していたが,アップデート時に消えた模様.備忘録のためメモを残すことにする.
先週金曜日に重たい仕事を部下にお願いしているが,見捨てて 🙄 17:00退社.

帰宅後

焼酎のお湯割り(この暑いのにまだお湯割り!)を飲みながら,まれを見る.田中裕子と田中泯のコンビがいい味を出している.
新しい日記のスタイルでDropbox上に置いているテンプレートファイルを更新しておく.
18:30からDMM英会話.AlterとAltarの違いって発音はまるで一緒だけど動詞と名詞で意味はまるで違う.聞き分けるのはコンテクスに頼らないといけないので,前後がチャンと聞き分けられるかがポイントかなと思う.
夕飯:酢豚,ご飯,汁物

無駄な議論だなと思うこと.

・この仕事はオレの仕事じゃないと一生懸命主張すること.その労力を仕事をする方に使ったら?と思う.「オレだったらここまでできる」と主張するのが結局は得になると思う.
・南京大虐殺があったかなかったかを一生懸命議論すること.なかったということを一生懸命主張しようとしても,日本人が南京を攻撃したという事実は日本人が中国人を殺したという事実と等価で,それを虐殺と呼ぶか戦闘行為と呼ぶのかは,本質的な議論ではない.あったと主張しようとしても同じ.

他にもあるかも知れないけど,今日はここまで.