Fedora26にアップデート

いつまでFedoraなのか?

結構Updateが頻繁だし,新しいのが沢山使えるので,Kondara始まり結局Fedoraに落ち着いて幾年月.
そろそろUbuntsuとかに移行しようかなぁとも思ったけど,debian系にするのも疲れるだろうということで,今回もFedoraを使い続けることにしました.
とはいえ,もうそろそろ色んな使ってないパッケージがインストールされたままになっているような気がするので,久々にDVDからクリーンインストール.
と思いましたが,なんとDVDドライブが壊れているので,前回WindowsPCをSSDに装換する時に使ったUSBメモリからブートしました.

/homeが初期化されてしまい凹む

インストーラーがDisk容量が足りないとか文句を言ってくるので,面倒なので/homeも含めてHD全域を初期化してしまいました.
一応定期的に別のUSB-HDにバックアップがありますが,1W分程戻ってしまいました.
家族のメールが1Wロールバックしたはずですが,クレームなしです.
きっと皆さんはクラウドメールを使っているか,ろくにメールを見ていないのでしょう.

こまったこと1:clamav

/usr/sbin/clamav-notify-servers: 行 72: 警告: command substitution: ignored null byte in input
/usr/sbin/clamav-notify-servers: 行 72: 警告: command substitution: ignored null byte in input

こんなメールが来ていました.
こちらの情報で,

/etc/cron.d/clamav-update
## It is ok to execute it as root; freshclam drops privileges and becomes
## user 'clamav' as soon as possible
## Note: replace 'MIN' and 'HOUR' with random values
0 3 * * * root /usr/bin/freshclam --quiet && { test -x /usr/sbin/clamav-notify-servers && exec /usr/sbin/clamav-notify-servers || :; }

にしてみましたが,やっぱり止まりません.
要はウィルスデータベースがアップデートできれば良いんでしょう・・ということで,

@reboot root /usr/bin/freshclam -d -c 2

ということにしました.一日二回もアップデートすれば十分.

$ ps axu | grep freshclam
clamupd+  5144  0.0  0.0  63104  3756 ?        Ss    7月21   0:00 freshclam -d -c 2

元気に動いているのでヨシとする.

こまったこと2:clamav

いままで気が付きませんでしたが,Fedoraには

https://IPアドレス:9090/

をブラウザーから開いて,rootアカウントでログインすると,ログが観れたりできるんですね.これはちと便利でした.
ということでながめていると,

Socket file /var/run/clamd.scan/clamd.sock could not be bound: Permission denied

というエントリがあります.どうもちゃんと動いていなさそうです.
色々調べましたが,どうも

こちらの情報が一番正確のようで,

$ sudo cat /etc/tmpfiles.d/clamd.amavisd.conf
[sudo] naka-h のパスワード:
d /var/run/clamd.amavisd 0755 amavis amavis -
d /var/run/clamd.scan 0755 root root -

としておくと良さ気です.

暫くすると状況が変わるかも知れませんが・・・
ということで,お疲れ様でした.

“Fedora26にアップデート” への2件の返信

  1. [/usr/lib/tmpfiles.d/clamd.scan.conf:1] Duplicate line for path "/var/run/clamd.scan", ignoring.
    [/etc/tmpfiles.d/clamd.amavisd.conf:1] Duplicate line for path "/var/run/clamd.amavisd", ignoring.
    

    というWarningが出るので,

    $ sudo cat /etc/tmpfiles.d/clamd.amavisd.conf
    d /var/run/clamd.amavisd 0755 amavis amavis -
    

    という状態に戻して,

    $ sudo cat /usr/lib/tmpfiles.d/clamd.scan.conf
    d /var/run/clamd.scan 0755 root root -
    

    にしました.パーミッションとオーナーがあっていなかったのかも知れません.

    • Socket file /var/run/clamd.scan/clamd.sock could not be bound: Permission denied
      

      がとまらないので,

      $ sudo grep User /etc/clamd.d/scan.conf
      #User clamscan
      

      で,clamdをrootで実行することにして,

      $ sudo cat /etc/tmpfiles.d/clamd.amavisd.conf
      d /var/run/clamd.amavisd 0755 amavis amavis -
      d /var/run/clamd.scan 0755 root root -
      

      っていうことにしました.
      再インストールとかしたので,

      $ sudo cat /usr/lib/tmpfiles.d/clamd.scan.conf
      d /var/run/clamd.scan 0710 clamscan clamscan
      

      こちらは,そのままにしています.

コメントを残す