tunedのインストール

Fedora26をインストールした時に,cokpitという監視画面があることに気がついた.
その画面の中に,”Performance Profile”という項目があり,”tuned”がインストールされてないよ.っていう表示になっていました.
軽く調べてみると,

という感じなので,中々イケてそうなデーモンのようなので,早速インストールして見ます.
プロファイルは,一応サーバに使っていることになっているので,”throughput-performance”にしました.
(私には)よくあることなんですが,性能をあげようとして設定を変更した後で,どの位向上しているのか?調べる方法を考えていないということがあります.
今回も,そうでした.さてどうやって効果を測定しましょうか?


デフォルトで提供されるプロファイルのカスタマイズの仕方は上の記事に割りと詳しく書いてあるようです.redhatのサイトとかだと微妙にパス名が違ったりしましたので,少し躊躇しましたが,このサイトは割りとあっているようです.
多分効果を測定するんだとすると,このサイトの手順に従って,パラメータをいじって見て,その効果の程を測定することになるかと思います.
が,現状そんなに性能で困る程重たいサーバでもないので,ひとまずデフォルトのままにしておいて,別途考えることにします.
止める程でもないので,様子見を決め込みます.

コメントを残す