Gundam Thunderbolt

なぜ今更Gundamか?

まぁ,菊池成孔にやられたからですね.



JazzのOSDとしては,かなりイケています.
そういえば,

これが,JazzのOSDとしては定番というか,他はどれもイマイチなのは何故なんでしょうね.
Blakey,Coleman,MJQと色々あるのは聴いたりはしているんですが,もっと良いのがあるのかも知れません.

映像と音楽


音楽と演技・人の動作がシンクロしているっていうだけだと,実は普通にミュージカルでしかないんですが,この”Baby Driver”や”Gundam Thunderbolt”のシンクロの仕方って少し感覚が違うような気がする.
上手く違いが説明できないけど,普通のミュージカルは,多分演劇系・ダンス系の人達の感覚で,人間の肉体の躍動衝動が主で音楽が従という感じな気がする.
この二つの映画は,音楽が主で,それに従属している人間の動きを観て楽しむ系に属するような気がします.

戦争反対

Gundamシリーズって,反戦というか厭戦な主題のものが多い(全部観てないから分かりませんが・・)
戦争が嫌いという感覚がありながら,戦争を描くという矛盾.
戦争が嫌だというだけでは実は何も進まなくて,どうしたら無くなるのかを具体的な方策として議論しないとねぇ.とは思っていますが,これはそんなに簡単に答えがでないんでしょうね.
不思議なことに人類の歴史は戦争だらけなので,最近の歴史でいうと第二次世界大戦から70年位の平和だと,戦争が根絶した証拠にはならないのかなと思います.
ということで,どうしたら戦争が無くなるのか具体的にどうすれば良いかを明確にしたり,それを実行したりするのは,多分僕の人生だけでは時間が足りなくて,次世代に引き継いでいくしかないんだろうなぁと思います.
ってなことを考えると,何故戦争が不毛か,をこういうGundam見たいな映画で,唱え続けるしかないんだろうなぁと思います.

北朝鮮のエライ人も映画位観ているんだとは思うんですが,偏向しているんですかね?
偏向しているとしたら何が偏向させているのかは,実はちゃんと分析しないといけないのかも知れません.
アメリカの大統領もそういう意味では興味深い研究材料かも知れません.

UNIXとの付き合い~Ubuntu 16.04 LTSに変えてみる~

HDがクラッシュ

先月の忙しい時期の朝に,カーネルのアップデートがあるというメールが来ていたので,リブートした.
そのまま立ち上がらなくなってしまった.
思うにバックアップの処理中にリブートしてしまったのかもしれない.
Fedoraは,Updateは割りと新しい機能が早くに入るので重宝する感もあったが,その分アップデートの頻度も高いので面倒だなと感じていたし,仕事で使うのにUbuntuという機会も増えてきたので,この際Ubuntuにすることにした.
同じLinuxとはいえ,こうも違うものか?と思いながらも,メール,Web,ファイルサーバ等をFedoraと同じレベルまで回復させたが,Webの方は停止していた時間が長かったせいか,トラヒックはがっくり減ってしまったようです.
最近忙しくて,Blogの更新周期が伸びているのも一因かも知れませんが.

UNIX遍歴

このネタでもう少し細かい手順とかを書こうかとも思ったけど,まぁ,最近はググると山ほどその手の手順が掲載されているサイトもあるので,その手系のネタは一旦止めて,これまでのUNIXとの触れ合い方を振り返ってみることにしました.

Appolo

90年卒業だから,80年代の後半に大学生時代を過ごしました.理学部でしたが,なぜかAppoloマシンが大学で購入されたので,ちょっとした興味本位で触ってみました.
導入した先生達も何に使うのか分かって居なかったみたいで,学部生の私が率先して使っているのを,嬉しそうに見てくれていたのがちょっとこそばゆかった記憶があります.バブル前夜なおおらかな時代だったかも知れません.
とはいえ,UNIXって初めてだし,なんとかログインすると,プロンプトがでてきて,さて何するんだろう?ってな感じでした.
マシンの横には山ほどマニュアルが並んでいたので,その中で当時の英語力でなんとか読めそうなのは,vi(vimではない)のマニュアルでしたので,読んで見ると,これがまた面倒なキー配列になっていて,なんじゃこれは?と思ったのを強烈に覚えています.
何の因果か,その後仕事や趣味で,viにはお世話になりっぱなしなので,いまや,なにも見ないでカーソル移動は自由自在です.
こういうキーボードから手を離さずにカーソル移動ができるというのが,ありがたいという文化は,マウスの登場によって風化の一途なのかも知れません.
話は,ちとそれますが,当時のviのマニュアルに,”Let the Computer do Your Dirty Work”という章があって,気の利いた文章だなぁと思った記憶がありますが,”Dirty Work”だと思うことはさっさとコード化して,自動化しちゃおうぜっていう感覚というか哲学は,今やネットワークの世界にも波及してきていて,”Infrastructure as a Code”とか,SDN,NFVとか,OpenStackとかにもまで進化(?)しているのかも知れません.

Solaris

という訳で,5年掛けて大学を卒業して,就職して会社で仕事を始めて見ると,VAX(型番は忘れた)のマシンが部屋いっぱいを占拠していてなにやら凄いことをやっていそうです.
でも,バックアップはオープンリールのテーブだったりするし,ミシン目と両サイドの用途不明な穴の空いた

こんな紙にソースコードを延々と印刷していました.
この紙はソースコードの印刷用の役目を終えると,社内の飲み会のテーブルクロスに役割を変え,その天寿を全うしたはずです.(地球はきっと大丈夫です>ゴアさん)
理学部出身で,情報系の学生でも無かったので,パンチカードと言うやつは幸運にも触ったことがないです.
ちょっとすると,ミニコンって時代じゃなくなって,ワークステーションと呼ぶ様になり,SPARCマシンby富士通みたいなマシンが机の上にやって来ました.
とはいえ,HDの容量が数MBという世界なので,結局机の上にはおけなくて,ちょっと離れたマシン室においてあるのをイーサネットケーブル(これもまぁ同軸のややこしい取り回しの悪い奴でした)繋いで,遠隔でtelnet(sshではないです).
当時はセキュリティにも大らかで,telnetで平文でパスワード垂れ流しでしたし,悪名たかいfingerなんていうサービスでデフォルトで起動している時代でした.
そんなSolarisにroot権を貰って,うぁって思っていたら,やはり性格なのでしょうか,仕事で疲れてくると,ディレクトリを整理しようという訳の分からない行動をとり,同期の同僚のホームディレクトリで,”rm -rf *”ってやってしまいました.
平謝りの数日を過ごすことに・・・
あんまりSolarisの話じゃないですね.

OpenBlocks

当時は,ISDNとかPHSの開発をしていたはずなので,まだ,常時接続が”夢”の時代だったような気がします.
夢といっても技術的な夢ではなくて,ちょっと前の三種の神器(テレビ・洗濯機・冷蔵庫)的な”夢”です.
そういう,常時接続の覇権は,ISDNか?ADSLか?(当時夢だった)光通信か?ってな時期に結婚して,幸運なことにマンションを購入して,まだローンが残っています.
このマンションに,ケーブルテレビインターネットの設備があって,ひとまずそれを使っていました(会社には内緒です).
その時期に購入したのが,

いまでは,IoTデバイスなんですね.
このマシンが多分最初に触った,Linuxマシンになります.このマシンのデフォルトが192.168.253.0/24という変わったNWアドレスだったので,未だにこの空間を使っているわけでした.

Kondara


仕事が割りと暇な時期だったからかも知れません.
少し悪ノリして,ちょっとこういう,やんちゃな感じのものを使って見ようぜという感じがあったかとは思います.
でもこの時期は割りとPCの前に座り込んでいる時間が長かったかもしれません.
やれ,XFree86が動かないだの,サウンドカードの認識ができないだの,USBなんて絶対動く気配もないような感じでした.
正直,これを使って一体なにがしたかったのかは実は思い出せないです.
あぁ,GripというCDリッピングソフトを使って山ほどMP3ファイルを蓄えた時期です.

$ du -sh /home/pub/music/mp3/music/
105G    /home/pub/music/mp3/music/

現在のマシンですが,その成果が70~80%かと.

Fedora

今にして思うと,RHEL(むっちゃ安定志向・ビジネス志向・お値段高め),CentOS(そんなビジネスユーザのお試し版),そんな系列のKondaraな人向けのディストリビューションが,Fedoraという感じでしょうか?
最初にLinuxのディストリビューションをどのLineにしようかな?と悩んだときにはDebianはマニア向け,Redhat系は安定志向,みたいな紹介のされ方をしていた.でも,正直Fedoraまで来ると,Debian系列の違いは,良く分からなく.単に企業戦略に乗せられていただけかも知れません,

Ubuntu

実は去年の沖縄出張でUbuntuを見るまでは,こんなにちゃんと動くLinuxがあるとは知りませんでした.
Debian系列がマニア向けというのも実は,今の時代的には間違っているのかも知れません.
displayはHDMIでも,USBはなんでもOK的な,Wifiもまぁ,WindowsかMacOSか?って位ちゃんと動きます(ようです).
今はまだ,サーバとしてしか動かしていないので,今日の仮想化を使って,手元のWindows10マシンでUbuntu遊んでみようかなって感じです.

挾間美帆 m_unit@BNT~私って天才~


私って天才!

テナー・サックスのソロが無茶苦茶盛り上がった2曲目の後のMCで彼女は確かに言った.”私って天才!”.
こんなこという人を正直初めて見たので驚いたが,最高に盛り上がった2曲目の後だったから,妙に説得力があった.
音楽家という人達の感覚・思考はきっと,僕らとは違うものなのだろう.
こんな音楽を作り出すことも演奏することも,私には出来ないので,まぁ私からいうと,全くもって天才だが,自分で言うという感覚も,私の中にはない.
批判しているのではなく,全く天才的な演奏だった.
サリエリがモーツァルトに抱いた感覚を追体験させられた気分ともいう.
作曲家・アレンジャーという立ち位置なので,結構彼女の作品を聴く機会は多いが,自身のリーダー作CDは何故か以下の二枚のみ.


ラージアンサンブルの復習

今年は,Jazzが録音されてから,100周年ということもあり,シーンが盛り上がっている感もあります(地味ですが).
Tokyo Jazzもテーマは,それで狭間美帆もLee Konitzと共演したりして結構良かったです(TVで観ただけですが).

教科書的にいうと,Jazzはニューオリンズの黒人の集団演奏から始まったということになるので,所謂Big Bandとかラージアンサンブルが本道ということにもなるんでしょうね.ということで,少しお気に入りのラージアンサンブル物を並べてみます.

Duke Ellington

まぁ,なには無くともSir Dukeですね.Jazzの入門はMilesからという定説もありますが,Sir Dukeから始めるのも素敵だと思います.

ラストのロングトーンがしびれます.Jazzバラードの名曲です.Jaco Pastorius Big Bandが東京でやった時のToots Thielemansのハーモニカソロも素晴らしいので,オススメです.
少しベタですが,”Take the “A” Train”.

Weather Report

ラージアンサンブルではないですが,Sir Dukeの後だと何故かBirdlandを思い出してしまいます.

ソロのバックのリフがBig Bandっぽい.
しかし,凄いメンバだよなぁ..

George Russell

少しモダンな奴に突入します.

SextettだからBig Bandというよりは,ラージアンサンブルというカテゴリでしょうか?
Eric Dolphyの”Round Midnight”なんて,昇天ものですね.

Gil Evans

なには無くても,Gil Evansは外せません.
折角なので,菊地雅章と一緒の奴を探してみましたが,

多分この映像のRohdesを弾いている人は菊地雅章ではないでしょうか?

Ornette Coleman


これは,Big Bandでもラージアンサンブルでもなくて,集団即興演奏とかコレクティブインプロビゼーションとかのカテゴリになるんでしょうか?まぁ,カテゴリの名前はどうでも良くて.
Big Bandにしてもラージアンサンブルにしても,結局インプロビゼーションと,集団演奏,リフの交歓が一つの醍醐味だとすると,一気にこういう風にフリーインプロビゼーションを集団でやるという世界も一つの形態なのかなぁと思った次第です.

Maria Schneider

最近のBig Bandブームの火付け役は,彼女ではないでしょうか?
Gil Evansのお弟子で,狭間美帆の先生・メンターみたいな感じです.

今年Bluenote東京にも来ましたが,

MCだけで,¥11,500(税込)は流石に無理でしたが,今回狭間美帆を聴いて少し悔しいです.
彼女の作品はAppleMusicとかの配信ものでは入手できないです(今のところ).ArtistShareというちょと変わったレーベル(?)から作品を出しています.

CDを買うと,このサイトのクーポン番号が付いてきますので,そこから色々特典をDLできますので,CDで買ってもちょっとオトクな気分にはなれます.
でも,結構な人気らしく,中古でもCDはまだ高値の模様.

Post Script)
御本人からの指摘があり,聞き違えだったようです.取り消し線で修正しました.

Baby Driver ~音楽,映像,ストーリーと女優さん~

品川のTジョイシネマに初めて行く

菊池成孔が絶賛していたので,観に行くことにした.
Tジョイ系列のシネコンでしか上映していなかったようで,近くだと大泉,新宿が候補だったんですが,結構遅い時間にしか上映していなかったので,初めて品川の映画館に行きました.
品川も様変わりしました.港南口はオフィス街ということもあり時々行きますが,高輪口は駅前の通りの近くをウロウロする程度しか知りませんでした.
高輪口を少し西にいくとプリンスホテルがあり,そのちょっと奥,っていう程ではないですが,その近辺にありました.テラス席のあるレストランが幾つかあって,美味しそうでしたが,高価そうだったので,肉料理の店で簡単に早めのご飯とビールを食べて,11:50の上映にまにあいました.

音楽と映像と演劇の融合

大したことのないイントロになりましたが,映画はかなり良いものでした.
2/3位のところで少し中だるみな感じがあり,アクビがでたこともありますが,まず冒頭の銀行強盗シーンで,音楽と映像とストーリーの見事なシンクロ・融合を見せてくれて,この映画がなにを語るのかを明確に提示してくれます.
強盗シーンの後の,主人公を執拗に追いかける長回しのシーンでは,映画に対するなにかオマージュのようなもの感じさせますので,音楽にかなり比重を置いているものの,映像・ストーリーの融合した映画という表現手段について作者の思い入れのようなものも感じさせてくれます.
新しいミュージカルの作り方としてリファレンスになるように思いました.
そういえば,登場人物が歌わないけど,これはミュージカルだなぁと思った映画はこれが最初かも知れません.
登場人物が歌っていないということは,実は書きながら気がついて,ちょっと自分の中でもビックリしています.​

Lily Jamesにちょっとキュンとする

二人女優さん(チョイ役な人は除く)が出てきますが,どちらもかなり美人さんです. Eiza Gonzalezさんは,映画.comをみると本作がデビュー作のようですが,セクシーさ全開の美人さんです.

モデルさん出身なんですかね.
もう一人は,Lily Jamesさん.画像を検索してみると,思ったより大人びた感じの画像が多いですが,Instagramに載っていた


この制服姿が,萌えます.

ちょっと脱線しましたが,良い映画でした.
WoWoWで放送されたら,まちがいなく録画して,もう一回見て,BDに入れて保存版にします.

ダンケルク~二時間銃声をずっと聞き続ける~


クリストファー・ノーラン監督作

新宿のTOHOシネマズで観る.公開初日.原題はそのまま,”Dunkirk”.今年のアメリカ映画.
舞台がフランスで,登場人物が英国人だし,戦時中ということもあり,正調なイギリス英語のオンパレード.
全編.銃声・爆発音で塗り固められています.音楽(というか効果音?)も面白かった.音楽は,ハンス・ジマーという方が担当のようですが,映画.comで調べてみると,かなりのキャリアのようです.
戦争映画だから沢山人が死にます.でも,死に様をあまりグロテスクに描きません.一気に吹き飛ぶ感じで,亡くなっていくのが,却って恐怖を煽ります.
敵(ドイツ兵)が全く登場しません.見えない敵に攻撃され続けるという恐怖を煽ります.
映画の作り方が巧いなぁと少し感心します.
良く考えてみると,クリストファー・ノーランの作品って,なにかこういう徹底した映像体験ができるというのが共通項のような気がしました.

ということで復習してみる


クリストファー・ノーランのデビュー作でしょうか?結構印象に残っています.
この映画も,健忘症という主人公の特徴と,ストーリーが繰り返しリフレインされるという,”徹底する”という美学があるような気がします.この映画も面白いです.

あぁ,この映画もクリストファー・ノーランの作品だったのですね.
アル・パチーノが不眠症の刑事役でした.ストーリーは正直あまり覚えていないですが,メメントと同様,不眠症ということで意識が朦朧としてくるのを,観客に追体験させてくれる良い映画でした.

バットマン映画にしては,変な作品だなぁとは思っていましたが,やっぱり変な人の監督作だったんですね.
ここまで,割りと小規模なインディペンデント系の映画の旗手みたいな扱いだったのが,この辺りから商業映画って奴にも手をだすようになったことになりますが,結局枯れの持ち味の”徹底する”・”観客を作品に巻き込む”というテクニックを持っているんだなぁと思う.

この映画もバットマン映画にしてはちょっと変でした.でも,もうそろそろ違うテイストを,監督自身も思ったのかも知れません.
ということで,今回のダウンケルクでした.

でも2時間銃声・爆撃音にされされ続けると,人間は疲れるということが実感できます.
そういういえば,船底に閉じ込められて銃撃されるシーンは,息を飲みます.
ちなみに,ケネス・ブラナーが出てきます.