Dancer in the dark ~ビヨークの芸術~

Dancer in the dark
Dancer in the dark

​もう,名作です.
素晴らしい映画.
2000年のデンマーク映画.原題は英語で”Dancer in the dark”

低解像度のセピア色の映像と,テクニカラーな映像の対比

少し古い映画のせいか,監督の意図か,分からないが,全体に低解像度な画像.
大きく分けると2種類の映像があって,セピア色がかった映像と,少し古いミュージカル映画のテクニカラーな映像.
主人公(ビヨーク)は目が見えないという設定ということもあり,現実の方がセピア色で,主人公の空想のミュージカルシーンの方がテクニカラーという使い分け.
現実の方がセピア色というのがなんともシニカルな感覚を与えてくれますし,逆にミュージカルシーンの現実逃避感を上手く対比させているように感じます.

ミュージカルシーンが圧倒的

主人公は目が見えない.あるいは見えなくなりつつあるという設定.
困難なことに直面して,日常のちょっとした音にリズムを感じると,辛い現実から逃避してミュージカルシーンになります.
よく出来たダンスシーンが多いです.
主人公に殺された男性とDuoで踊るシーン.その奥さんと絡みながら踊り歌うシーン.
この映画の中のセリフでも言われていますが,ミュージカルってなぜ登場人物が”突然”踊ったり歌ったりするのか理解できないことがありますが,この映画の場合は逆に説得力を持っています.

My Favorite Things

何度かこの曲が入ります.冒頭あまり上手くない市民ミュージカル(?)のリハーサル,監獄の中で主人公が一人もがき苦しみながら歌う.
コルトレーンに聴かせてみたい.
”サウンド・オブ・ミュージック”が出典になる曲ですが,明るい曲調の割には実はマイナーのワルツ.
トレーンもそういう悲哀というか,現実逃避感みたいなものをこの曲に感じたのかも知れません.
それにしてもビヨークは歌が上手い.

ストーリーも素晴らしい

ラスト近くでカトリーヌ・ドヌーヴとビヨークの会話のシーンが刺さります.
主人公は子供の目の手術のために,苦労してお金を貯めていたわけですが,大家の男性にお金を奪われたので,殺害してしまい,裁判で死刑になってしまいます.その経緯を知ったカトリーヌ・ドヌーヴは減刑のために再審を請求しようとするのですが,その費用が子供の手術代と同額.
主人公はカトリーヌ・ドヌーヴからの申し出を断り,死刑になってしまいます.カトリーヌ・ドヌーヴが尋ねます”なぜ(目の疾患が)遺伝すると分かっていて子供を産んだのか?”.主人公ビヨークは,”抱きしめたかった”と答えます.
う~~ん,凄い映画です.

Search Inside Yourself ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

Search Inside Yourself Icon
Search Inside Yourself

4月に仕事が変わったのもあり,やはり少しストレスを感じていたのかも知れません.
瞑想をする頻度が増えました.
8時頃にオフィスに到着するですが,新しい会社は勤怠管理が厳しくて,会社のPCにログインしている時間と勤務表の時間が違うと注意を受けることになりますので,PCの電源だけ入れて,休憩室みたいなところに行って瞑想する時間を設けて,8時半に仕事開始.
というサイクルが出来上がっているせいかも知れません.
以前から幾つかの瞑想系のアプリを使っていたりするので,時々は瞑想していたのですが,オフィスが変わった効用とも言えます.

Search Inside Yourself

最近の瞑想ブームの火付け役な本なのかも知れません.
さっさと読んどけば良かったのかもしれませんが,図書館の待ち行列に入ってしまったので,やっと読むことが出来ました.
気になったキワードは,

  • 命が懸かかっているかのように呼吸する
  • 歩く瞑想
  • マインドフル・リスニング
  • マインドフル会話
  • ボディスキャン
  • 自己査定のためのジャーナリング(要はメモするってこと?)
  • 共感(Compassion)

という感じです.
”命が懸かっているかのように呼吸する”というのは,なんか良い表現かも知れません.
雑念を捨てなければいけないと気負って瞑想するとどうも上手く行きません.
呼吸は生きている限りしている行動だし,それに集中すること”だけ”を実践することで結果的に深い瞑想が得られることになります.

雑念という意味では,それが浮かぶことに否定的な気持ちになる必要はなく,そこからまた呼吸に意識を戻すこと自体が瞑想の鍛錬になるという指摘も印象深かったです.
筋トレってそういう風に,曲げたり伸ばしたりして筋肉をつけるよね?心も同じだよという論法.

瞑想・マインドフルネスにご興味のあるかは是非ご一読を.

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

http://eiga.com/movie/83089/gallery/30/
映画.com:「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」

地味なアメリカ映画

2014年のアメリカ映画.原題は,”5 Flights Up”.
邦題だと,


これを連想させますね.
モーガン・フリーマンとダイアン・キートンの2014年のアメリカ映画なので,地味です.(根拠が薄い)
こういうストーリーは嫌いではないですが,なんか映画らしさがないというか,TVでいいじゃんとか思っちゃいました.
テレビドラマと映画ドラマの違いのあるべき姿なんてきっとないんですが,割とこじんまりしたストーリーだったのもあって,こういう感想になるのかも知れません.
でも,悪い映画ではないです.

今なアメリカと昔なアメリカ

黒人(モーガン・フリーマン)と白人(ダイアン・キートン)のカップルが,長年住んだアパートの売却,愛犬の病気,近所で起こる事故がテロ事件扱いされるマスコミに翻弄されて,結局アパートを売らないことにして元に戻るというストーリー.
(あぁ,完全にネタバレだぁ)
ポイントは,黒人と白人が70年代(ベトナム戦争の頃だからそんなところ?)に結ばれるということのハードルの高さが,テロ事件扱いされるイスラム系の若者の姿と重なるのが,今のアメリカという感じでしょうか?
結局なにも起こっていないストーリーは,なにか今のアメリカへの皮肉を描いているのかもしれません.

ダイアン・キートンがカワイイ



どちらも元夫のウッディ・アレンと撮った映画ですが,どちらも名作です.
かなり若い・カワイイ・ダイアン・キートンと出会えます.
エマ・ワトソンが子供のカワイさだとすると,ダイアン・キートンのカワイさは,エロ可愛いですね.
”エロ”全開ではないところもポイントですが,その中途半端さが,僕の琴線にふれます.
もう,この映画ではかなりのお婆ちゃんな年齢ですが,こんなエロ可愛いさが,やはり残っていて,萌えてしまう自分がいて,”いやいや彼女はもうそんな歳ではない・・”と葛藤する自分がいます.
男の子は何歳になっても馬鹿です.

母よ、

http://eiga.com/movie/83742/gallery/2/
映画.com:「母よ、」

地味なイタリア映画

2015年のイタリア・フランス合作映画.原題は”Mia madre”.イタリア語は読めませんが,なんとなく邦題と同じ?
私小説的な映画かなぁ.ミニシアターとかでかかりそうな映画な気がしました.
WoWoWの録画で観ましたが,結構頻繁に一時停止ボタンを押している所からして,正直のめり込んだ感がないような気がしました.
その割にストーリーは覚えているので,そんなに悪い映画ではないようにも思えます.
映画監督が作品を作りながら,母の看病をしている.
映画の撮影自体もアメリカから来た変な役者さん(イタリア語がちゃんと喋れない)のせいで,順調とは言い難い.
このあたりのプロットは,


と似ているのかも知れません.
フェリーニのこちらも大作&名作ですが,一時停止どころか2日位かけて観た記憶もあり,一時停止の回数が作品の質を決める説がそれ程当てにならない証拠だったりするような気がします.
でも,ラストはお母さんが亡くなるという,まぁ自然な流れ(生物は死にますからね)ということで,結局この映画のテーマは何だったんだろう?と少し首をかしげてしまう次第でした.

ビジョナリー・カンパニー~歴史は繰り返すのか?~

http://www.disney.co.jp/

この画像にした理由はビジョナリー・カンパニーの良い例としてディスニーが挙げられていたからです.

久しぶりのビジネス書

よく出来た本だと思いました.
ビジネス書で良い本って,

  • 明確なテーマ(この本の場合,100年以上続いてある規模を維持しつづけた企業の特性はなにか?)があること
  • その分析手法が明確に記載されていて
  • その結論がある程度納得感・説得力がある.

ということになるような気がします.
最後の点は少し異論もありますが,基本的には正しいと思いました.

結論の中でなるほどなぁと思ったのは,

  • 「時を告げるのではなく,時計を作る」企業である.
    (組織化・永続化させる仕組み化に成功した企業がビジョナリー・カンパニー)
  • 「ORの抑圧」を跳ね除け,「AND才能」を持つ
    (”どれか”ではなく,”どちらも”ある程度できる選択をする企業であること)
  • BHAG(社運を掛けた大胆な・無謀な目標にチャレンジすること
  • 企業理念が明確で,その理念に心酔した社員で構成されること(カルト的であること)
  • 大量に試し,上手くいったことを残す

()内は少し私の解釈が入っているので正しくないかも知れませんが,興味のあるかたは原著を探ってみて下さい.

今でもこの条件は正しいだろう

ビジョナリー・カンパニーとなった企業の傾向として上記の条件があるのも正しいし,多くの条件は現在これからビジョナリー・カンパニーになりつつある,Google,Apple等の企業でもこれらの条件を意識した組織運営をしているのかも知れませんし,これから出てくる優良企業は少なくともこの条件は意識をして企業運営をしていくんだろうなとは,思いました.

今後ビジョナリー・カンパニーになる企業はこれだけで良いのか?

ここは実は謎ですね.
時代は変遷しますし,政治・経済状況は変化します.
多分に過去から現在に至るまでのコンテキストの中には戦争と地球環境の変化とか,そういったものが背景にあって,企業の顧客達が求めるものはそれらに影響されているはずです.
人口減少・高齢化とかいったトレンド以外にも今後,AIとかIoTとか医療技術の進化に伴い,顧客の求める世界観は変わってくるはずですが,それをキャッチして,「時計」にすることができるのに,上に挙げた条件”だけ”が有効なのかは,少し疑問です.
(何が足りないのかわかっていればこんなところに無駄なBlogを書かないで,とっとと起業する訳ですが・・)
22世紀にビジョナリー・カンパニーを分析してみると新しい条件が生まれているのかも知れません.

光~美しいものと奪われるもの~

http://eiga.com/movie/85908/gallery/

2017年の日本・フランス・ドイツ合作.大泉Tジョイシネマで観る.
会社の福利厚生でチケットを安く手に入れたのに,駐車券をカウンターでチェックしてもらうのを忘れたので,駐車場代が\1,000を支払うことになってしまい.少し凹みながら帰ってきました.

とても良い映画でした

いいですね.河瀬直美.素晴らしい.

こちらを以前観ましたが,これも良い作品でした.
監督の性別を云々するのは少し間違っているかもしれないけれど,ある種の美意識と,女性的な優しさが共生している感じがします.

テーマがいいです

”光”を失った人,失いつつある人と,失う可能性のない人の交流を描いています.
なにか重要なもの(光)を失う,失いつつある人と,失う可能性のない人の交流とも言えます.
私自身,50歳代という人生の折り返し点を迎えて,いろいろなことを失いつつある人になりつつ,失い可能性のない人と仕事を共にしています.
もっと上の世代の人(失った人)とも仕事しています.
今なにを失う覚悟をしているのか?
”失う”という言葉の意味を理解できる良い作品でした.

アップシーンが多いです

光を失いつつある人の目線.目線ではないかも知れませんが,
なにかそういったものを意識しているせいか,アップのシーンが多いです.
最初は情報量が多いなぁと思いながら観ていましたが,永瀬正敏の役柄もあり段々と感情移入できます.
彼が,なんにか取り憑かれたように二眼カメラのファインダーに目を凝らすシーンを観客に追体験させる意図があるのかも知れません.
そういう意味でも感情移入ができます.

字幕付きなのも好印象

日本語の映画なので,別に要らないとは,まぁ思いましたし,ハンディキャップのある人のための演出とも思ったりしました.
全体の作品に良い印象をもったせいか,これも最後には納得感がありました.
光を失った人だけではなく,音を失った人にも向けた映画なんだよというメッセージと理解していたりします.

ってな感じなので,多分今年のベスト1な映画になりました.(多分,後半年あるので・・)

これが私の人生設計

http://eiga.com/movie/81983/gallery/

2014年のイタリア映画.原題は”Scusate se esisto!”.イタリア語読めません.でも邦題はあんまり良くないなぁ,ストーリーとはあっているけど.

イタリア映画もハリウッド化しているのかも?

フェリーニとか,ヴィスコンティとかの古いイタリア映画を想像すると少しガッカリするかも知れませんが,イタリア映画っぽい感じはあまりしません.
主人公はイタリアの僻地?で,どうもベルギーにも同じような名前の場所があって,出身地を説明する度にベルギーじゃないよと補足しています.でも日本人にはよく分かりません.
建築デザイナーの才能があるらしく,アメリカ・ドバイ・中国で学位を取得してロンドンで活躍していましたが,なにを思ったのかイタリアに戻ります.っていうところか本格的にストーリーが展開し始めます.

グローバル化ってやっぱり辛いのかも?

この本で紹介されていた今時100年生きる若者の典型的な生き方なのかもねぇ?とか思いながら観ていました.こんなに優秀な学生なんだから一流企業にある程度長い期間勤めるんじゃない?でも,上の本で描かれていた若者の生き方に似ているなぁとか思いながら観ていました.
でも,若くてエネルギーのある時期にしかこういうハードワークな生き方はできないなぁ.

しかし,イタリアの会社って,この映画で描かれているように経営者に尽くすというか隷属する感じで仕事をするんだろうか?

この映画とかでは,前世紀の封建社会な感じが残っている時代の人達は,少しそういうマインドがあったような描かれ方がしていたが??
むしろ,今のイタリアの経済状況が低迷していて,失業率が高いということを描いているのかもしれませんね.

サウスポー

http://eiga.com/movie/82023/gallery/3/

昔はこういう映画嫌いでした

2015年アメリカ映画.原題は,”Southpaw”.サウスポーってこういうスペルだったんだ・・
W座の解説だとあまり評価が高そうな感じはしなかった(アメリカ映画でしたね~,ボクシングシーンが痛かったですね~的な)が,私は割りと気に入りました.
とはいえ昔こういう映画は嫌いでした.子供を使って泣きをとろうとする映画.


とか

こんな感じの映画です.
どちらも悪い映画ではないんですが,子供を使って泣かせるストーリーを作るっていう安易感が,なんか嫌でした.
”サウスポー”もまぁそういう感じがあるんですが,何故か良い印象です.単に体調のせいかな?

ちょっと考えてみる

この映画の場合,お母さんがチャンと居る(居た)せいかも知れません.お母さんは途中で亡くなりますが.
父親(男性)と子供っていう少し距離感のある設定ではなく.
前半は割りとちゃんとした裕福な家庭で幸せに生きている三人の家族が,お母さんの死を境に離れ離れになり,お父さんの頑張りで二人の幸せ生活を取り戻す.
う~ん,言葉にすると陳腐になるなぁ.
確かにストーリーは,


と大同小異な感じもしますねぇ.でもこんなに安易な映画でもなさ気な気がします.
小山薫堂はラストで主人公が負けても良かったんでは?と言っていましたが,この親子には幸せになって欲しいなぁという感じで割りと感情移入もできたので,勝ってくれて良かったし,アメリカ映画らしいカタルシスもあります.
単に,ジェイク・ギレンホールの熱演の勝利だったのかも知れません.

文書がランダムウォークしてますが,面倒なのでこのまま公開.

神様メール

http://eiga.com/movie/83805/gallery/2/

予告編との乖離

2015年のベルギー・フランス・ルクセンブルク合作映画.原題は”Le tout nouveau testament”.フランス語?
そういえばセリフはフランス語だったでしょうか?
なんかの映画を劇場で観た時に面白そうだなぁとは思ったけど,お金だしてまで観る感じでもなかったので結局WoWoWで放送された録画を観ました.
予告編を観たときには,どちらかというとドタバタ劇的な先入観を持っていましたが,ちょっと違うようです.

割りと気に入りました

確かにドタバタ劇の要素はあります.神様役の人は,最悪な人格(神格?)に描かれていて,合う人全てに嫌われて,最後にはウズベキスタン(?)で工場労働者になってしまいます.神様自身のエピソードはドタバタ劇でした.
この神様の子供が二人いて,1人はイエス・キリスト,もう一人が今回の主人公の女の子.
聖書(そういえば読んだことがない)の流れに沿い,お兄さんのキリストどうよう12人の使徒を集めに人間界にやってきます.
自分の寿命を知ってしまうという衝撃の事実に直面した人間は,主人公の女の子の教えや,起こす奇跡に惹かれて12人の使徒として集まりますが,オリジナルの聖書に出てくる使徒達を巧く現代版にアレンジしたキャラクタ設定になっているようです.
聖書をこういう風にアレンジするという背徳感(キリスト教徒じゃないからたいしたことないですが)と,エスプリが効いているなぁという印象がありました.
ラストは,お母さんが良い味を出している.いい感じのラストだったように思います.
キリスト教・聖書の現代意訳版という感じです.

めでたく,私のBDコレクション入りです.