映画:『気違いピエロ』@新宿

概要 『気狂いピエロ』(きちがいピエロ、フランス語: Pierrot Le Fou)は、1965年のフランス・イタリア合作映画。アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド主演、ジャン=リュック・ゴダール監督。ヌーヴェルヴァーグを代表する作品の1つ。日本公開は1967年。 Wikipedia:気違い 続きを読む 映画:『気違いピエロ』@新宿

映画:『ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl)』〜夏休みの映画〜

概要 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。どちらも国王の寵愛を受けながら、まったく異なる道を歩むことになる美しい姉妹の劇的な人生を鮮やかに映し出す。本作ではナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンという当代きっての若手女優の夢のような共演が実現。その兄役を『ラスベガスをぶっつ 続きを読む 映画:『ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl)』〜夏休みの映画〜

映画:妻への家路(帰来 Coming Home)〜夏休みの映画〜

概要 「赤いコーリャン」「秋菊の物語」「活きる」といった名作を生み出してきた中国の巨匠チャン・イーモウと女優コン・リーが、「王妃の紋章」以来8年ぶりに再タッグを組んだヒューマンドラマ。記憶障害で夫を他人だと思い込む妻と、そんな妻に寄り添い続ける夫の愛情を描いた。1977年、文化大革命が終結し、収容所 続きを読む 映画:妻への家路(帰来 Coming Home)〜夏休みの映画〜

映画:マイノリティ・レポート(Minority Report)〜夏休みの映画〜

概要 西暦2054年、ワシントンDC。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用し、大きな成果をあげていた。それは、“プリコグ”と呼ばれる3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が実際に起きる前に犯人となる人物を捕まえてしまうというもの。ジョン・アンダートンはそ 続きを読む 映画:マイノリティ・レポート(Minority Report)〜夏休みの映画〜

夏休みが始まるとたん夏風邪

Man wearing gray sweater scattering white powder on wind in orchard of leafless trees under gray sky

どうも体調が悪かった 上から,頭痛,目の痛み,喉の痛み,肩こり,腰痛と三重苦・四重苦状態でしたが,夏休みが始まる前後から咳をし始め,体温を測ってみると熱があることがわかる. というのが先週の金曜日.最悪の山の日でした. その翌日,土曜日に祝日明けで混みあう近所の行きつけのクリニックに通い.しっかり風 続きを読む 夏休みが始まるとたん夏風邪

映画:アデライン( The Age of Adaline)〜夏休みの映画〜

概要 若く美しい29歳のまま100年以上生き続けた孤独な女性が、真実の愛を見いだすまでを描くラブストーリー。主演はテレビドラマ「ゴシップガール」シリーズなどのブレイク・ライヴリー、共演にはハリソン・フォード、『ブラックブック』などのミキール・ハースマンらが名を連ねる。メガホンを取るのは、『セレステ∞ 続きを読む 映画:アデライン( The Age of Adaline)〜夏休みの映画〜

映画:溝口健二特集

WoWoWで以前特集で放送されていた分をまとめて録画しておいた. 夏休みが始まる途端,夏風邪をひいたみたいなので,割りと家にいて一気に観たので感想をまとめておく. 西鶴一代女 『西鶴一代女』(さいかくいちだいおんな)は、1952年(昭和27年)4月17日公開の日本映画である。児井プロダクション・新東 続きを読む 映画:溝口健二特集

読書:「高慢と偏見」〜ジェイン・オースティン〜

47f26a7f82cffcfa5a1643fb96ec5b5b

  Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真 – 2016 8月 10 12:16午前 PDT   Hiroyuki Nakamuraさん(@tel2sip)が投稿した写真 – 2016 8月 15 2:42午前 PDT 感想 英文学の世界では 続きを読む 読書:「高慢と偏見」〜ジェイン・オースティン〜

映画:『シン・ゴジラ』

暑いなか新宿にお出かけ 結局,今年の梅雨は関東に関しては空梅雨だったのか?8月に入ってから,猛暑が続く. こういう日の週末は,図書館で涼みながら,本でも読もうということで午前中から近所の西東京市図書館に行くが,結局ポケモンGoと,映画のリコメンドサイトを弄って,ほとんど本は読まなかった. Taste 続きを読む 映画:『シン・ゴジラ』